【我慢するしかない?】上司が嫌いすぎるときの特徴と効果的な対処法

ためになる

気に入らないからと、自分だけ上司に難癖つけられている。
上司の機嫌が悪いときは職場の空気が悪くなる。
何年も現場の意見がまったく反映されない。
仕事は好きだけど、上司と合わないと思う人は少なくありません。

「仕事だから上司は我慢しろ」
というアドバイスもありますが、上司に気をとられすぎてしまうと、
仕事のパフォーマンスにまで影響しまうことにもなりかねないでしょう。

人間的には嫌いではないのに、上司だと嫌いという人もいます。
それほど部下には、上司としての好き・嫌いの評価が別にあるのです。

そこで今回は、上司が嫌いすぎるときの特徴と効果的な対処法を紹介します。
嫌いすぎる上司にばかり気を遣っていては、職場に行くだけで疲弊してしまいます。
そうならないためにも、まずは上司として嫌いになってしまう特徴を知っておきましょう。

特徴を知ることは、あなたの対処に大きく役立ちます。
このまま何もしないでいると、上司が嫌いすぎるからと会社を辞めることになってしいまいます。
最悪、あなたの体調を壊すことにもなりかねません。
ぜひこの機会に、あなたが嫌いすぎる上司の特徴を知って、効果的な対処法をとってみることをおすすめします。






嫌いすぎると思う上司の特徴

上司との関係にカウンセラーにアドバイスを求める女性社員

嫌いすぎると思う上司にはどのような特徴があるのでしょうか。
ここでは代表的な嫌われるタイプの上司を紹介します。
どのような特徴があって、どのようなところが嫌いかを参考にしてみてください。

高圧的

高圧的な態度の上司は嫌われやすい特徴があります。
自分の立場が偉いことに優越感に浸っている姿は、他人からすると見ていて気持ちがいいものではないからです。

嫌いすぎると思う高圧的な態度には、
口調が命令形
褒めるのより粗探しが多い
プライベートにまでアドバイスしてくる
などの傾向がみられます。

上司であるということは、偉そうにしていいということではありません。
しかし、嫌われる上司に限って「上司は偉そうにしていい」と考えがちになるのです。

気分屋

気分によってコロコロ態度を変える上司は嫌われる特徴があります。
信頼される人は一貫性がありブレません。
ですが気分でコロコロ態度を変える人は、意思が弱く決断力ないので信頼をなくしてしまいます。

嫌いすぎると思う気分屋の態度には、
日によって言うことが変わる
イライラしていたり、物にあたったりする
予定を急に変更したりと計画性がない
などの傾向がみられます。

方向性を決める上司が気分屋であると、ついていく部下にとって不安で仕方ありません。
上司の反応に気を遣ったりと振りまわされることも多くなるので、
嫌いになるのは自然ともいえるでしょう。

感情的

気分屋と同様に、感情的になる上司も嫌われる特徴があります。
感情的とは、感情に任せた行動をとってしまう人のことです。
同僚なら放っておいても支障は少ないですが、上司となると進捗に影響してくるでしょう。

嫌いすぎると思う感情的な態度には、
パワハラ・モラハラ発言が多い
会話が成立しない
その時に関係のないことを蒸しかえす
などの傾向があります。

組織のなかで感情的な上司がいるばあい、見ているだけでも気分が良いものではありません。
癇にさわらないように気を遣ったりするので、
業務とは関係のない上司の機嫌取りで疲労してしまいます。

仕事をしない

仕事をしない上司は、部下からすると嫌われる特徴があります。
上司の姿は部下のモチベーションになるので、上司が仕事をしないと部下にストレスを与えてしまうでしょう。

嫌いすぎると思うほどの仕事をしない上司の態度に、
ラクな仕事ばかりする
頼んだことをしてくれない
口だけで関わろうとしない
などがあげられます。

「上司の仕事内容は部下と違う」と口にする上司もいますが、
部下は上司の姿をしっかり見ています。
そのため仕事内容が異なっても、仕事をしているかどうかを見ているのは言うまでもありません。

責任感がない

上司として責任感がない人も部下から嫌われる特徴があります。
責任感がない人は、大人として魅力を半減させてしまいます。

嫌いすぎると思う責任感のない態度には、
具体的な指示がなく丸投げ
責任逃れをする
方針や方向性が示せない
などの傾向があります。

部下が思い切って仕事ができるのは、上司が最終的な部下の責任をとってくれるとわかっているからです。
それなのに上司が無責任だと、責任を押し付けられたりと部下の負担が大きくなってしまうでしょう。
「またいつ責任を押し付けられんだろう」と思うと、ビクビクして仕事がストレスだと感じるようになってしまうのです。

人によって態度を変える

人によって態度を変える上司は嫌われる特徴をもっています。
人の脳は言葉と行動が一致しない相手を見ると、脳が混乱して嫌うように出来ています。
そのため、あなたと違う態度を他の人にしている上司は嫌われてしまうのです。

嫌いすぎるほどの人によって態度を変えるのには、
気に入った部下ばかり優遇する
上司の上の人間がいるときといないときでは違う
お客様や取引先にペコペコしすぎる
などがあげられます。

組織の方針が変わったりするので、言動が変わるのは仕方がありません。
しかし人を選んで態度を変えるとなると、その上司の人間性を疑うきっかけにもなることでしょう。

自分が正しいと思っている

嫌いすぎる上司の対処法

嫌いな上司の対処法を知って、良好な関係になった部下

それでは嫌いすぎる上司はどうすればよいのでしょうか。
諦めて我慢するしかないのでしょうか。
我慢できないなら転職しかないのでしょうか。
それ以外にも出来ることはあります。
まずはできることからはじめてみることをおすすめします。

上司をタイプ別に分類してみる

私は長年の経験から、上司を4つのタイプに分類してきました。
タイプ別にすることでどのように接すればいいか、どのように対処すればいいかが変わってきますので、まずはあなたの嫌う上司がどのタイプか当てはめてみてください。

カリスマタイプ

統率力とカリスマ性を兼ね備えた上司です。
まわりに流されず、ブレない意志の強さを持っています。

ドリーマータイプ

(上司自身の)理想のためなら追求しつづける上司です。
将来を見据えていて、経営の神様などと呼ばれたりします。

ストラジストタイプ

戦略的に行動する上司です。
事実やデータに重きを置いて、感情に流されることはありません。

ワーカータイプ

地道にコツコツ努力をする上司です。
目立ちはしないけど、努力を惜しみません。

きれいに分類が難しい上司もいるはずです。
そのばあいは、色濃くあらわれている特徴のタイプに当てはめてみてください。

上司タイプの傾向を知る

ほとんどの会社の上司は、ストラジストタイプかワーカータイプです。
ですのでこの2つのタイプに絞って傾向を説明します。

ワーカータイプは年功序列的な会社に多く、才能ではなく経験の長さから昇格してきた上司です。
地道にコツコツが報われると考えているので、今までのルールやシステムを遵守する傾向があります。
「会社が飛躍できるからする」のではなく、
「今までこのやり方でうまくいってきたからこれからもやる」といった理由で動きます。

その場の雰囲気に合わなかったり、だらしない部下には厳しくなるでしょう。

一方、ストラジストタイプは経営コンサルみたいに合理的な行動を重視します。
無駄なものは排除して、効率的に動けば生産性が上がると考えています。

効率・要領・シンプルが基準になっており、伝統的なやり方よりもビジネスパーソンとしての素養が求められます。

「自分の課題は何なのか」がわからない部下には厳しくなるでしょう。

対策を考える

ここまで特徴を知れば、ある程度どのような対策をすればよいか見えてきたのではないでしょうか。

ワーカータイプの上司には、決して誠実を怠らないことです。
駆け引きではなく、努力している姿を積極的に見せましょう。

企画書を提出するのであれば、2,3別の企画案をつくっておくとよいです。
すべて採用されないかもしれません。
ですが、どれだけ汗を流したかが伝われば気に入られるはずです。

ストラジストタイプの上司が部下に求めるものは、
合理性や要領のほかにアウトプットを重要視します。
報連相はもちろんのこと、どのような目標をもっているのか、課題や何をするべきかも必要とされます。

ワーカータイプが流汗実行を求められるとすれば、
ストラジストタイプは部下が無駄な方向に行くのも非効率と考えるので、
有言と実行の両方を実践するのが効果的といえるでしょう。



まとめ

いかがでしたか。
上司ガチャという言葉があるくらい、部下は上司を選ぶことができません。
ですが部下としてできることはあります。
「できることがある」と思うだけでも心に余裕ができます。
さらに余裕ができたら、ぜひ実践してみるとよいでしょう。





スポンサーリンク
ためになる
40代まだまだ現役応援ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました